Trending Japanese eBooks Products

What is Japanese eBooks?


Top Customer Reviews: Ryunosuke Akutagawa ...

Rating: 4 out of 5 with 42 ratings
5 / 5
多くの作品にかなりのふりがながあり、読みやすい。多くの入力者と校正者には大いに感謝する。当然ながら、「或阿呆の一生」、「河童」、「蜘蛛の糸」、「白」、「歯車」、「藪の中」、「羅生門」などの重要作を収録している。

作品はアイウエオ順に並んでいる。1つ目は「愛読書」である。「西遊記」、「水滸伝」、「吾輩は猫である」、「アンナ・カレーニナ」などを挙げている。

私は芥川の多くの作品を、この全集を入手する前に既に読んでいるのだが、こうして場所を取らず、字の大きさを拡大できるKindle版は非常にありがたい。

(付記)本作に芥川の経歴は載っていないので、手短に書いておく。1892年(明治25年)に東京で生まれている。生家は新原家だが、母の実家の芥川家に預けられ、伯母に育てられる。その後叔父の養子になり、芥川姓となる。1913年に東京帝国大学文科大学英文学科に進学。1914年に菊池寛や久米正雄らとの同人誌で小説「老年」を発表。1915年に夏目漱石門下に入る。1916年には海軍機関学校の嘱託教官となり、英語を担当する。1919年にはその職を辞して大阪毎日新聞社に入社し、専業作家となる。1927年(昭和2年)に服毒自殺。
5 / 5
Titles in Japanese in the electronic version is scarce any Brasile and operates it of like this of author of entity, for a value irrisório, has to be motive of a lot of commemoration.
5 / 5
Of the Two Japanese writers better that already is existed. Like the histories are fantastic and infelizmente does not exist translations partorisca or Portuguese.
5 / 5
Uses the Japanese writing gives decade 20-30, for this is not adapted partorisca new readers.

The only advantage is or price, but not fencing in the pity.

To arrepentido.
5 / 5
芥川さんといえば「羅生門」や「鼻」ですが…
「秋」とか「蜃気楼」とか比較的隠れた名作もたくさんあります
全集ではそのような作品を発見する楽しさがあります
あなたもたった200円で自分の「芥川龍之介」に出会ってみるのはいかがでしょうか
5 / 5
割と最近市場に加わったこのアマゾンジャパンによるkindle全集もの、作品の配列がタイトルの五十音順で、冒頭の目次(Locations)もその順序だ。
タイトルを知っていれば検索機能で簡単に探せるのだから、こんな配列や目次には全く意味がない。「ンな手間かけんでも売れるだろう」と客を舐めている。
紙の本や既刊kindle全集・選集のように、エッセイ・詩歌・小説などのカテゴリ順、その下は執筆/発表順のように並べて欲しい。読者はタイトル五十音順なんかではなく、同時期に書かれたものを続けて読みたいのだ。
できるだけ早くにシリーズ全部をまともな配列とまともな目次に直して購入者に通知し、ダウンロードしなおせるようにして欲しい。
4 / 5
kindle本は最初、アメリカのアマゾンからたくさん英語版を購入し、愛用してきた。日本語版にまとめられた後は、トラブルが何度か発生したが、それでも便利なので、大量に購入してきた。ただ、この芥川の小説は、絶対に購入するはずもないのに、いつの間にか、購入したことになってしまったものだ。芥川の小説は、本を所有しているが、一部昔読んだだけで、好きではないので、再度購入するはずはない。何度か善処を訴えたが、放置されている。それからはあまりkindle本を購入する意欲が失せたままだ。
5 / 5
芥川の作品はよく引き合いに出される。その全文を読みたいと思ったときに、この全集シリーズは廉価でとても便利だ。
4 / 5
芥川作品を安価に入手でき、かさばらずに、手元におけるのは非常に便利である。読書少年時代に、こういうものがあるとよかったと思う。もちろん、校訂、注、解説、網羅性などでは全集本にはかなわない。
5 / 5
いままで好むと好まざるにかかわらず、作家と代表作を授業で学んできたが、じっくり味わうことなく過ごしてきた。今回のコロナ渦を転じて名作(と言われる)読書の時間を取ることした。すごい合本!
4 / 5
芥川龍之介の魅力が集約され、読みごたえがあります。いつでも、好きなときに好きなだけ読めるし、違う作品も読める。気分によってその魅力に没頭できる。すばらしい全集です。
5 / 5
こんなに凄いボリュームの本が読めるなんて凄いです。そして思ったよりずっと読みやすい!!まとまった時間が取れないので少しずつ読み進めて行きたいと思います。ボリューム凄くても重くないのでどこでも読めて良いですね。
4 / 5
大天才の全作品を200円で丸ごと手に入れる 有難い以上に大変申し訳ない気になります 小生の機械(KindlePaperwhite2016)ではやや重たい様に感じます 2~3部に分けても良いのかもしれません
4 / 5
とてつもなく頭の良かった事を感じさせる。それが自殺の原因でもあるのだろう。これだけの分量だと、書き散らしたような文章もあるのが出てきてしまうのも面白い。
5 / 5
初期作品から晩年のものまで、小説、随筆、評論等幅広い作品が読めます。価格も安いのでお得感があります。
5 / 5
芥川龍之介の作品がたくさんあって安いので嬉しいです。スマホで見れるので、子どもの寝かしつけに読みました。
クイズノックの伊沢さんが以前テレビで紹介していて小学生の息子が興味をもってくれました。桃太郎やさるかに合戦など一見馴染みのある話が少し変わった角度で書かれていて面白いです。
5 / 5
辞書機能、付箋機能、引用処理機能などは、電子書籍ならではの便利さがある。
5 / 5
読んだことのない作品も読めるところは気に入ってます。
操作法を理解していないためかもしれませんが、目次にすぐ飛べるとありがたいのですが…。
4 / 5
購入したのに開けない。
使いづらい。
4 / 5
大正という短く濃い時代日本の文芸、芸術が最も熟成されたのではないかと思います。その中でも芥川龍之介はその頃も今も抜きん出てる。読んだ事無かった物語も読めて良かったです。現在の小説に物足りなさを感じているなら是非おすすめです。
4 / 5
若い頃、全集が欲しかったが買えなかった。
今、この歳になっても、ハードカバーの全集はなかなか手が出せない。
こんなに全てが揃っている合本を手にすることができるということは
驚くべきことだ。
これからぼちぼち読み返していこうと楽しみにしている。
やっぱり、iPadよりKindle PaperWhiteが欲しくなった。
5 / 5
まだ買ったばかりですが、作品数が多いのでいいと思います。
知っている作品もあっていいです。
5 / 5
作品数が充実している。
作品によって、旧仮名、新仮名が選べる。
短い作品が多く、ちょっとした時間つぶしにちょうどいい。
4 / 5
高校時代に読んだ記憶がありますが、有名作品を読むという断片的なものでしたので、改めて全集を読んでみました。かなり読み応えがあり、旧仮名遣いが懐かしく感じました。もっとも、自分としては興味の無い作品は飛ばしましたが、それでもかなりの読書量となりました。。
5 / 5
三十半ばでなくなるまでに、これほど多くの作品を残していたことは知りませんでした。安価であったので、校正等を心配しましたが、誤字もなく、大変読みやすかったです。
4 / 5
無料本でも読めますが、整理が大変。その点1冊になっているこう言った商品は貴重。
5 / 5
あまり知られていない作品も納められており、それはそれ価値がある。しかし、玉石混合の感は否めない。大学の国文科専攻向き
5 / 5
読みやすかった。とても深い。
教科書で学んだけど、あらためて読むのも楽しい。
5 / 5
ずっと本棚? に眠らせていたので、楽しみです。
少しずつ読めたらなと思っています。
5 / 5
ちくまの文庫も持ってますが…紙の本は経年劣化で黄ばんだりかびくさくなったりしわくちゃになったりしますがKindleはそんなことにはなりません。いつまでも輝く白さのままというところがいい。
外国の作家ばかり読みますが日本のものでは芥川と太宰と三島が好きです。(三島由紀夫ってなんでkindleにないんですかね?お願いします)
たっぷり芥川にひたれる作品の多さもいいですね。好きな作品ばかり何度も読み返しがちですがこの機会に読んでないものもあるので読んでみます。

いわゆる王朝もの「藪の中」「偸盗」などは大人の昔話みたいでおもしろいですし「トロッコ」「蜜柑」のような当時のものもいい。
「芋粥」とかは読んでると食べてみたくなります。
はじめて読みましたが「仙人」もおもしろかったです。
「遺書」「或阿呆の一生」などは死に至る芥川の心もちが知れます。
4 / 5
芥川龍之介というと、「蜘蛛の糸」とか「鼻」とか「河童」が有名どころであろう。しかし、この本では、それ以外にも、芥川の交友関係や芥川の<じゃあなりすと>としての生き様も描かれていた。その単品では届かないメッセージを味わえるのが、全集ならではの魅力ではないだろうか。また、作品によって甲乙がつけられるとは言えないが、私の感覚としては、旧仮名でも書かれている作品に駄作はなかったように思う。明治、大正、昭和という時代を送った芥川であるが、当然、キリスト教も入ってきた時代だったと思う。そのせいか、キリストもしくはその信者を描いた作品も多い。しかし、時代は江戸時代であるようなこともある。それは、実際、芥川も言っていたように思うが、同時代の小説というものが書きにくいものだったからのようである。それは弾圧があったからなのかどうか、私には皆目見当がつかないところではあるが、いわゆる歴史小説が多いのも芥川の特徴であると思う。全集ならではとして、芥川に関する評論というものがある。とことん芥川をけなしているように思えた。芥川賞とかいうぐらいだから、芥川はかなりの天才ではないかという気持ちも抱いていた。しかし、芥川は凡人だったのだと今では思う。そうしてみると、この長さの文章を読むのは難儀する。しかし、一度は読んでも損はないはずでもある。それから、芥川はニーチェをはじめ哲学のことは知ってはいるが、とにかく哲学のことを馬鹿にしているのも気づいた。「文芸的な、あまりに文芸的な」は「人間的な、あまりに人間的な」のパクリであることはすぐわかる。また話は変わるが、夏目漱石のことを師と仰ぐ芥川は漱石の英国に行くのではなく、中国に行くという経験をしている。これは時代の推移の問題ではあろうが、それも芥川に影響を与えたことはあるだろう。でも、どこに影響を与えたかはあまりよくわからなかった。
4 / 5
教科書で習ったものが、いくつか含まれていました。宝石のような小品が多く、35歳で亡くなったのがやはり残念に思います。
4 / 5
この価格にしてこの分量、ものすごい読み応えがあります。かなりお得です。
4 / 5
昔、芥川を夢中で読んでいた頃、全集が欲しくてたまらなかったが、とても中学生の小遣いで買えるものではなかった。今やコーヒー一杯分の価格で買え、しかも全集をカバンに入れて持ち歩ける。この点に関しては良い時代になったと言っていいと思う。
4 / 5
高校時代に読んだ『鼻』を読み直したく、「378作品が200円の超安値」にひかれて購入。『蜘蛛の糸』『歯車』『羅生門』なども懐かしく読んだ。「短編の名手」と言われた芥川だが、多くの短編はいま読み返すと隔靴掻痒というか、「これだけ?」みたいな印象が残る。古典は長編がジンとくる。
5 / 5
思わぬ転結に、うなったところ多々あったが、作品が年代順にして欲しかった。☆ひとつ減りました。
5 / 5
A good: there is the one of truth staggering quantity of material of Japanese reading in this collection. (Akutagawa Has written 170+ histories, easily). Rashoumon, A Nose, Shiro, Aki, his note of suicide, appoint it, is here.

A neutral: This was quite the copy-and-the tears of paste of Aozora Bunko, where all of these histories are available for free. It is good to have them on Kindle, this in spite of.

A negative: Kindle the Japanese dictionary is the joke . Reading something like this in the Kobo (a Japanese ereader) is much easier for the student of Japanese, which is that they are. Neither I can recommend this to any one under N3 in competency, partly for reasons of vocabulary, partly for orthography and syntax---Akutagawa Japanese is both literary and the touch out of date. (Reading aloud would have to that clear on the majority of a confusion in this front).

Audience: People that loves Japanese classics, I supposition. I have bought this mainly reason have loved the version of 'Dragon' (my preferred Akutagawa history) that it could read he without glare of screen.
5 / 5
At present am studying Japanese and was loved to find this property trove of Japanese literature. Given his enormous quantity of material and low prize, has been expecting the coffins-bone and-book, but this book is upper-notch. Has all a regulate Kindle characteristic, comprising builds them @in dictionary, a indexed table of contents, so much the Japanese dictionary and the Japanese to English glossary, that takes note and capacity that rid of frames, and has included a capacity to generate flashes papers. They are a lot happy to having found the.

すでに日本語を知っている人もこの上等な電子ブックを楽しむでしょうと思ういます。この普通に見える本現代の電子書籍に期待されるすべての機能を含んでいます。その内容と使いやすさの両方のために、この本を読むことをとても楽しんでいます。私のひどい日本語をごめんね。
5 / 5
Kindleに収まるので外出先でもすぐに読めるのが良いですね。 電池切れだけが少し心配です。
4 / 5
ずいぶん前に夏目漱石全集を買って、ようやく弟子である芥川までたどり着けた。
やはりまず「鼻」から読んでみたい。グロテスクかつ、ペーソス満載の、お手本のような作品だ。
遺作の二作品は、こちらまで胸が苦しくなるので、最後まで取っておきたい。
4 / 5
若いときに読んだ思い出に、また読むのも、新しい発見もあり大変面白い。
4 / 5
いつ読んでも旧仮名遣いは読みづらい。
現代仮名遣いに変えればもう少し若い読者も増えると思うが...
まぁ、言葉(文字)の遣いまわしも作品の一部なのだろうけれども...
資料としては良いとも思うが本としては読みやすいのが一番だと思う。

Top Customer Reviews: Drawing Character ...

Rating: 4 out of 5 with 2 ratings
5 / 5
普段はデジタル1枚カラー絵を描いてる者です。表情の描き分けが苦手で購入しましたが、本の内容は1/3が期待通り、2/3が期待外れと言った感じでした。

「キャラの気持ちの書き方」というタイトルから予想はしてましたが、“表情を描き分ける”というより、“キャラクターを作る”という方が適しているような感じです。おそらくこれは1枚絵描きというより漫画家さんの方が役立つかと。あとは、ある程度絵がかける人向けです。

あとほかの方が仰っていたように、絵柄の統一性は無いです。ただ、私個人としては自分の絵柄に近い・自分の理想に近い絵柄を探せるのでそこは問題なかったです。

あとは、もう少し男性の表情の描き分け方が欲しかったかな…
老人、老婆、ヤンキーなどの顔はありましたが、少年、青年位の年齢の男性の表情が無かったように感じます。
4 / 5
表情を描く方法が載っているというよりも、こんな感情だとこんな表情っていう資料っぽいです。
正直、漫画の一部分を持ってきて、「このキャラはこんなことを考えていて……」って説明文入れた感じです。
資料としてはいい感じなのできちんと読めば表現の幅が広がりそうだけれども、少女マンガ風の絵柄での説明などがあり絵柄の統一性が無いのがちょっと残念です。
しかし、この本は総合的に絵のレベルが高いです(絵の例が漫画家とかアニメーターとか)
表紙を描かれています、漫画家のアズマサワヨシさんの絵で説明(本の中にラフっぽいのがあります)があったりするので、アズマサワヨシさんの漫画と一緒に見れば絵の表情をより詳しく分析できます。
可能性を感じます。表情のまとめ方のテンプレとしていい感じです。

Top Customer Reviews: tonneru no zengo ...

Rating: 4 out of 5 with 2 ratings
5 / 5
待ってました、第2弾!
エジプト編のところなどは第1弾に戻りながら読んだので、バーテンダーのところなどは好きな場面の一つです。
トルコ編は私もトルコに行った事があるので色々共感できたり、全く違う経験をされていたり
また行きたいなぁ。。。と思いながら読んでました。やっぱり旅行はいいですね!!!
4 / 5
Was fun reading . I have it that has not visited never some zones in this test. Done think me partorisca plan to visit this part of a world in a future.