Trending Crime, Thriller & Mystery in Japanese Products

What is Crime, Thriller & Mystery in Japanese?


Top Customer Reviews: Naruheso (Kindle ...

Rating: 4 out of 5 with 50 ratings
5 / 5
小説好きの私にも書けそうなストーリー。
箸休め的に読む内容です。
これで199円も取るん買い。
せいぜい90円。
5 / 5
想像しやすい導入、覚えやすい登場人物、テンポの良い会話。
1ページ目から惹き込まれました。
本を読むのが久しぶりの自分にとってはワクワクしながら読み進められるのは至福の時間でした。
落ちも粋だし。
頭の中で気持ち良い成分がブワッと出た感覚でした。
あまり多くの数を読まない人にこそ読んでもらいたい一冊だと感じました。
5 / 5
初期の未発表作の復刻版と言う著者の註釈の通り、その後の著者の作品に比しては「練れていない」印象は拭えません。きっと題名にまでした「ナルヘソ」と言う言葉に込められた謎解きがよっぽど気に入っていたのだろうと解釈しました。
5 / 5
わりとありがちな話で、残念ながら私には面白さがわかりませんでした。
4 / 5
大きな内容はなく、短い読み物ですが、さいごまで軽く読めて楽しめました。気軽に気分転換したい人にオススメです。
4 / 5
 幼なじみを探す相談が進む中、最後の主人の言った落ちが面白い。
5 / 5
無料だったので、期待していなかったが、そこそこ面白かった。暇つぶしにはよかった。
4 / 5
読み終えた時の、爽快感はさすがです。
なるへその謎解きは簡単すぎなので4つです。
5 / 5
途中で謎が分かってしまうかもですが、サクっと楽しく読めます。
5 / 5
謎の先が簡単に予想されてくる。時間をつぶすためにしかならない。
5 / 5
最後の落とし方が良い。
話しも短く読みやすいですよ。
時間の空いた時におすすめです。
5 / 5
温かいお話。幼なじみに再会したいという純愛。おせっかいな大将の的確な推理。面白かった。
5 / 5
お気に入りの作家だが、矢張り片手間に書いたような感じだった。
5 / 5
短く読めて、スッとおちる。こ気味いい。
ちょっとした空き時間に読むのにおすすめ
5 / 5
短編なので、カフェの暇つぶしにちょうど良かったです。
もう一度よみます。
4 / 5
凄く短編ですが流石池井戸作品。短いながらもスピーディーにテンポの良いストーリーでした。
5 / 5
一気に読んでしまいました。短い物語なのに個性的な人物が沢山登場しますが、キャラクターの棲み分けが完璧で、顔が思い描かれてくる。
4 / 5
気楽に読めて楽しめました。少しの間を使って気分転換しましたよ!
5 / 5
いわゆる池井戸さんの作品とはちょっと違う印象を受けました。
グイグイ引き込まれる感じがないと言いますか。
面白くないわけではないですが期待感とはズレてました。
4 / 5
短編で読みやすかった。
通勤時間にぴったりでした。キンドルで読むのにちょうどいいと思いました。
4 / 5
なるほど、と思いました。
面白いけど期待しすぎたかな。
移動時間などの短時間で読める、池井戸潤さんの作品です。
5 / 5
途中では、なんかダラダラ感があり、つまらないなぁと思っていたら、いいタイミングでのラスト「う~ん❗
なるへそ」と唸ってしまいました。
4 / 5
あまり池井戸潤らしさは感じられないけど、ほっこりする短編。ちょっとした時間潰しにはいいかも。
4 / 5
池井戸の短編集。成る程なあと感じ入った次第( ̄▽ ̄)=3欲を言えばその後の展開を読みたかったかなあと( ̄▽ ̄;)
5 / 5
今までの池井戸作品では読んだことがない粋なお話です。
お勧めです。
4 / 5
落語を聞いているような軽快感、それでいてミステリー。もっと読んでいたい作品。
5 / 5
これまでの池井戸潤の作品とは一線を画した内容だと感じた。
オチは途中から予想できたが、面白かった。
4 / 5
主人公の生活が、あまりわからなかった。会話が短かった。
感情の起伏の変化が少なかった。
4 / 5
通勤電車30分で、サラッと読めます。
池井戸潤さんの本は全て読みました。
新しい作品に期待しています。
4 / 5
小説は面白く読みました、少し短くて残念でしたがスマホで読む事が楽しく出来ましたので今後もチャレンジします
5 / 5
超短編ですが、なるへそ!と思える最後、なかなかです。お値段もお安く、お買い得、池井戸さん、さすがの安定感。
5 / 5
ある噺家の日常の小噺だけに、ラストにもオチがついてました。笑
5 / 5
池井戸作品は紙の本で全部読んでいるのでこのKindle限定もぜひ読みたいと思っていました。
期待に応えてくれました。
5 / 5
落語家さんを中心に展開する短編のお話ですが、
まさに落語を聴いたあとのような読後感です。

あっという間に読み終わってしまうのに
気持ちよく「やられた!」と言ってしまう結末は
まさに なるへそ です。
4 / 5
さらっと読める推理小説
1.2時間もあれば読み終わっちゃうくらいですが
程よく読み応えあって面白いです。
内容も難しくなく日常的な感じで面白いです。
4 / 5
噺家の恋の物語を推理小説風にアレンジした内容です。締めの部分がちょっと思わせぶりな感じ。
4 / 5
おもしろかった

コメディというかやっぱりこの人独特の爽やかさがある。
5 / 5
なかなか寝付けない時、ふと、よみました。テンポも小気味よく、短編ながら、謎解きにハラハラドキドキ、しかもハートフルな結末で、優しい気持ちで眠りにつけそうです。
5 / 5
愉快。
この話全体がまさに落語!寿司もうまいが噺もうまい。
ほっこり笑えました。
4 / 5
登場人物が生き生きと描かれていて臨場感があります。
次第に謎解きの場面になっていき、一緒になって考える楽しみがありました。
そして謎が解けたときの爽快感というか、腑に落ちたすっきり感がいいですね。
4 / 5
半沢直樹のように派手さはありませんが、非常にわかりやすい内容なので安心して読めました。
4 / 5
一気に読めました。
池井戸ワールドにどっぷり浸かってます。
楽しいお話でした。
買って読んで損はしないと思いますよ。
5 / 5
従来の池井戸潤とは異なる話でしたが、話しのオチが「なるへそ」でした ^_−☆
時間つぶしにはもってこいなお話し! お試しあれ❗️
4 / 5
短編で本当にあっさり読めるのですが、物語の中に入っていった途端に終わってしまうあっけなさが残念といえば残念。たくさんの登場人物が魅力的なので短編とはいえもう少し長編であればもっとよかったです。いつもの池井戸作品とは一風変わったテイストです。
5 / 5
池井戸潤さんの小説を読むのは初めてでしたが、良い意味で、わかりやすいストーリーでした。少し期待しすぎていたぶん、あれれ?という感じでしたが、手頃な値段で楽しめることは確かです。
よく作品がドラマ化されている人気作家ならではの安心感というか、安定感のようなものがあるのだと思いました。
4 / 5
オチがなんだかナ〜 面白かったけどネ〜
短編だから致し方なしってとこですか
4 / 5
あっという間に読ませていただきました。おもろしさを感じる前に終わった感じです。
4 / 5
池井戸作品としては?がつきます。
TVドラマにはならないでしょうね。
5 / 5
起承転結がはっきりしていてサクっと読めたが、登場人物の紹介と設定に対する割合が長く感じて全体のバランスが頭デッカチに感じた。果たして長編小説なら兎も角、この人数が必要だったのか?
各人性格や職業が重複していない故に、その個性が後半どういう広がりを見せるのか…と期待する矢先にオチと共に物語は収束へ向かってしまった感が強い。
5 / 5
登場人物が様々で、興味を持って読んでいました。それが、最後のどんでん返しで、落語だけに私も落とされました。